スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやくtwitterを始めました

3月11日からもう4日もたったんですね。
あのすごい揺れからまだそんなにたったような気がしませんが・・・

テレビから流れる映像に心が痛み、原発事故や輪番停電のニュースに何をしても落ち着かない日々ですね。
毎日家族そろって食卓を囲む時、温かい湯船につかっている時、そして何よりも子供に触れている時に、いつも繰り返していた日常の幸せを一瞬にして奪われてしまった被災者の方々のことを思い、胸がつぶれる思いです。
一人でも多くの命が助かる事を切に願っています。

さて、この震災をきっかけにひとつ始めたことがあります。
そう、twitterです。

職業柄(IT関係)かその手のものにいち早く手を出す主人を横で見ていて、「他人のつぶやきを見て何が面白いんだろう??」と全く関心を持てなかった私ですが、3月11日をきっかけにtwitterを始めることに決めました。
地震があった後携帯もメールもつながりにくくなって主人の動向がよくわからなかったのですが、主人自身は情報は全てtwitterから得られたそうです。そして私の兄から「○○君、今日比谷あたりにいるみたいだね」なんて主人の動向を教えてもらったりしたのも、やっぱり兄が主人のtwitterのフォロワーだったからわかったことです。

これはもう始めるしかない。
何が起こるかわからないこの状況の中、情報を集める事がいかに大事か、そしていかに安心につながるか。

今は防災関連の記事と、主人の動向がわかる範囲でのフォローだけですが、それだけでもずいぶん情報量が違う気がします。twitterというのは公の場での“つぶやき”ではありますが、実は自分のまわりにはいない専門知識のある人々のおしゃべりを聞く事ができるということなのですね。
ここ最近の停電について、原発事故について、近所のママ友からだけでは絶対得られない様々な情報を聞けて、ものすごく勉強にもなっています。

別に自分からつぶやきを発信しなくても、情報を得る手段として、非常時のパートナーの動向を得る手段として、twitterはかなり有効なのだとやっとわかりました。

こういう使用方法をする方、ぜったいこれから増えますよね。

みなさんも、ぜひご一考を。


ご訪問ありがとうございます
応援クリックしていただけたら嬉しいです♪
  ↓↓↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まーじいさん、ご無事でよかったです。
すごい揺れでしたね・・・
パートナーともなかなか連絡がつかず
心細かったです。何事もなく良かったですが。
私もこれまでtwitterに興味なかったのですが、
これを機にやってみようかなぁ~と考えていました。
まーじいさんもそうだったんですね。
参考になりましたよ~♪
プロフィール

まーじい

Author:まーじい
主人と子供2人とカメ一匹の家族。おととしの春から始めたカルトナージュにいまだぞっこん中。

最新コメント
カテゴリ
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。