スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレエ男子とw-inds.について思う事・・・

先日、表参道に学生時代からのお友達の息子さんのバレエの公演があるということで、別のお友達家族といっしょに行ってきました。

そのバレエ男子は、お父さんが北ヨーロッパの小さな国出身なのでもちろんハーフ顔。中学卒業と同時にお父さんの国で1年半バレエの修行を積み、この夏に帰国したそうです。彼のことを2、3歳の頃から知っているので、ちょっと見ない間に可愛らしかった少年から精悍な顔つきの青年へと成長した姿に、そしてそんな彼が華麗に踊る姿に思わず一緒にいた友達とウットリ・・・♡

小学生のうちからバレエを真剣に練習して、まだまだ子供の年齢で夢のために親元を離れての生活・・・
早いうちから自分のやりたいこと・夢を見つけ、それに向かってがむしゃらに努力を重ねるその少年を見ていると、無条件に応援したくなりますね〜。親としては、バレエの世界(しかも男子)を思うといろいろと不安もあるようで、また息子の成長した姿に嬉しさはもちろんですが、自立して行くその姿に少し寂しさもあるようです。



そんなことを考えていたら、私の大好きなw-inds.のことを思い出しました。
彼らも中学生の頃に親元を離れて東京にきてデビュー、いろいろな活動や経験を通して素敵な大人へと成長したと思いますが、その過程はきっと順風満帆というわけではなかったと思います。でもどんなに理不尽なことや思い通りにいかなくても、クサルことなくただひたすらに今 自分達のできることを黙々と努力してきたからこそ、ものすごい進化につながったんですよね。

私は今まであまり日本人や外タレに関わらずアイドルやPOPSに興味を持った事はなかったんですが、進化したw-inds.を10年ぶりくらいに見た時はイナズマが走ったように衝撃を受けたのをよく覚えています。彼らの発言やブログから、いかに歌とダンスを愛してやまないか、さらに向上するための努力はまったく惜しまないという意識などなどが感じられ、本当に尊敬する3人です。

おっっっと、w-inds.についてはこのくらいにしないと、とまらなくなってしまいます・・・ ^^;



バレエの公演を一緒に観ていたお友達家族の中学1年生の息子さんも、久しぶりに会ったら当たり前ですがもう小学生ではありませんでした。ついこの間まで、可愛らしい男の子だったのが、今はパパの背に追いつく勢いです。



我が家の息子くんもこの夏には私の背を超え、気がついたら少し体つきがガッシリして来たような・・・

あっという間に大人になってしまうような気がして、この頃なぜか可愛く思えるようになった私です。

まだもう少し、一緒に子供時代を楽しませてちょうだいね☆














ご訪問ありがとうございます
ポチッとよろしくお願いします ^^/
  ↓↓↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まーじい

Author:まーじい
主人と子供2人とカメ一匹の家族。おととしの春から始めたカルトナージュにいまだぞっこん中。

最新コメント
カテゴリ
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。