スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スター☆ックスの鎌倉御成町店にて

先日、鎌倉での打合せの前に入ったのが、コチラ↓

鎌倉のスタバ

スターバックスの鎌倉御成町店です。
一度行ってみたかったんだ〜♪

鎌倉のスアバ3


元は個人の邸宅の跡地にあっただけに、大きなサッシからはテラスの向こうにプールや古いサクラの木に、藤棚もあります。季節になったら、また素敵でしょうねえ♡

店内の照明は小さなペンダントとダウンライトが少数しかなくて、そのかわりに大きな天窓からの光がメインのライトになっています。

片流れ屋根がまたこのお店のいい雰囲気を作っていますねえ。

鎌倉スタバ?

(写真が小さくてわかりづらくてごめんなさい・・・)
わかりやすいのは、コチラです →



いつも鎌倉での打合せは週末が多く、そうなるとゲキ混みが予想されていたので近づけませんでした。でも、その日は平日のしかも朝一番!テラス越しのソファに座ることができて、仕事というのに朝からちょっと得した気分 ^^

鎌倉にはたくさんの美味しいお店や面白いお店がありそうなので、平日の打合せ大歓迎です♪




さて、またまた布の手提げバッグを作りました〜

小さな手提げ1

小さな手提げ2


今度のは手のひらに乗るくらいのミニバッグ。
裏地も貼らなかったので、あっという間にできあがりましたよ。

お菓子をつめてプレゼント用に♪



カフェラテ飲みながら「次はどうこへ行こうかな〜♪」って、すっかり鎌倉方面の仕事は観光気分の私なのでした ^^;








ご訪問ありがとうございます
ポチッとよろしくお願いします ^^/
  ↓↓↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

被災された方のインタビューより・・・

毎日テレビのニュースやtwitterからの情報に落ち着かない日々ですが、それでも生活する中でのふとした拍子に今まで当たり前に思っていた事に幸せを感じ、同時にそんな気持ちに後ろめたい気分もあって何か自分にできないかと焦ってしまったり・・・

そんな中、twitterで流れてきたひとつの記事にとても心打たれました。
以下その記事をコピーします。

今日被災者に電話インタビューをした。家を無くした40代の女性が言った。「私達は他人の幸せや喜びをねたむほど落ちぶれてはいない。皆さんどうぞ我慢せず楽しい時は笑い嬉しい時は喜んでください。私達も一日も早く皆さんに追いつきます」

私達も被災された方が早く追いついてくれるようできる限りのサポートはしたいと思っています。だけどサポートする私達こそ笑顔にならないといけませんよね。眉間にしわ寄せて悲しげな人からのサポートよりも、おおらかに笑っている人の笑顔に人は救われると思います。
朝のNHKで避難所の子供達が明るくボランティアをしている様子を特集していましたが、子供が元気でいる様子に周りの大人はどれだけ元気をもらっていることでしょう。

そう思うと、なんだかようやくカルトナージュを作る意欲がむくむくとわいてきました(→単純
今まで自分にできることは、1 義援金、2 節電 くらいと思っていましたが、これに3 笑顔で過ごすということを加えたいと思います。


ご訪問ありがとうございます
応援クリックしていただけたら嬉しいです♪
  ↓↓↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ
にほんブログ村

ようやくtwitterを始めました

3月11日からもう4日もたったんですね。
あのすごい揺れからまだそんなにたったような気がしませんが・・・

テレビから流れる映像に心が痛み、原発事故や輪番停電のニュースに何をしても落ち着かない日々ですね。
毎日家族そろって食卓を囲む時、温かい湯船につかっている時、そして何よりも子供に触れている時に、いつも繰り返していた日常の幸せを一瞬にして奪われてしまった被災者の方々のことを思い、胸がつぶれる思いです。
一人でも多くの命が助かる事を切に願っています。

さて、この震災をきっかけにひとつ始めたことがあります。
そう、twitterです。

職業柄(IT関係)かその手のものにいち早く手を出す主人を横で見ていて、「他人のつぶやきを見て何が面白いんだろう??」と全く関心を持てなかった私ですが、3月11日をきっかけにtwitterを始めることに決めました。
地震があった後携帯もメールもつながりにくくなって主人の動向がよくわからなかったのですが、主人自身は情報は全てtwitterから得られたそうです。そして私の兄から「○○君、今日比谷あたりにいるみたいだね」なんて主人の動向を教えてもらったりしたのも、やっぱり兄が主人のtwitterのフォロワーだったからわかったことです。

これはもう始めるしかない。
何が起こるかわからないこの状況の中、情報を集める事がいかに大事か、そしていかに安心につながるか。

今は防災関連の記事と、主人の動向がわかる範囲でのフォローだけですが、それだけでもずいぶん情報量が違う気がします。twitterというのは公の場での“つぶやき”ではありますが、実は自分のまわりにはいない専門知識のある人々のおしゃべりを聞く事ができるということなのですね。
ここ最近の停電について、原発事故について、近所のママ友からだけでは絶対得られない様々な情報を聞けて、ものすごく勉強にもなっています。

別に自分からつぶやきを発信しなくても、情報を得る手段として、非常時のパートナーの動向を得る手段として、twitterはかなり有効なのだとやっとわかりました。

こういう使用方法をする方、ぜったいこれから増えますよね。

みなさんも、ぜひご一考を。


ご訪問ありがとうございます
応援クリックしていただけたら嬉しいです♪
  ↓↓↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ
にほんブログ村






30年間続いているもの・・・

IMG_0914_convert_20110114100719.jpg

これは私の日記帳です。かなりくたびれた感じですが、今年もこの日記にちゃんと書き記してひと安心しているところです。なぜひと安心しているかというと・・・

日記帳の1ページ目はなんと1980年12月30日の日付です。
そう、この日記帳、実は私が小学校4年生のころから続いている題して「三日坊主日記」なのです!
毎年毎年 年末からお正月にかけての数日間、この日記帳に一年を振り返り来年の抱負を書き記すのが恒例となりン十年。40歳になった今、日記帳もようやく半分を過ぎた頃です。

もちろん初めからそんなつもりで書き始めた訳ではありません。
年の初めに「よし来年こそ日記を書くぞ~!」と心に決めて書き始め→お正月を過ぎた頃には日記帳はどこかへ行ってしまい→その年の年末の大掃除で日記帳を見つけ→「今度こそ、日記をつけるぞ~!」と書き始め→やはり三日坊主で終わり→その年の年末の大掃除でまたまた日記帳を見つけ→「よっしゃ、今年こそは・・・」を何年も繰り返しているうちに、私も40歳になってしまったという訳です。

この日記を読めば、私の人生全てがわかってしまうという一冊です。

小学生の頃の初恋や思春期の頃のいらだち、大学生の頃の人生の夢と現実への思い、社会人になった頃の仕事への姿勢、数々の恋愛エピソードや(たいしてありません・・・)、結婚してからの子供への思いや夫婦について、などなどなどなど。

読むとその頃の自分の気分が思い出されて恥ずかしくなることもありますが、その時代時代で自分が何を考えていたのか大切に思っていたのかがよくわかり、いつも私に初心を思い出させてくれます。

三日坊主を30年続ける私って、筋金入りの三日坊主??
いやいや“持続力”があるってことで

多分私が死んだらいっしょに棺桶に入れて欲しい物の一つになることは間違いなしです。

それにしても30年前の私の字、あんまり今と変わっていないのがちょっとショック・・・





ブログランキングに登録しました
応援クリックよろしくお願いします!
  ↓↓↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ
にほんブログ村

にんじんに・・・!?



週に一度無農薬野菜の宅配をお願いしています。そこから届けられる野菜はほとんどが完全無農薬ですが、形や大きさはやっぱりスーパーで売っている野菜と違ってバラバラだったり、時々はちょっと傷や黒ずみがあることもあります。

そしてにんじんの中には足が2本ついている物もあったり、「このにんじん足を組んでいる大人の人みたい~(笑)」や「これはお○ん○んまでついているよ~!!」なんてのもあったりして子供と楽しんでいます。

でも、この間のにんじんにはさすがに驚きました。
上の写真ではちょっとわかりにくいので、もう一枚パチリ☆



な、なんとお腹の部分におへそまであったんです!

ひえ~~~、可哀想すぎて食べられない(涙)と思いつつ、しっかり夕食のおかずにさせていただきました。

にんじんさん、ごちそうさま☆



ブログランキングに登録しました
応援クリックよろしくお願いします!
  ↓↓↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ
にほんブログ村






プロフィール

まーじい

Author:まーじい
主人と子供2人とカメ一匹の家族。おととしの春から始めたカルトナージュにいまだぞっこん中。

最新コメント
カテゴリ
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。